feature

オスターの特徴

オスターは決済代行会社(包括代理店)ではありません。
1つのカード会社やメーカー、1つの商材だけを扱っている会社でもありません。

国内複数のクレジットカード会社と提携し、
その加盟店営業を主に、その他の決済代行会社や
POSレジ会社など、店舗に関わる優良な商材を扱う会社と幅広く提携しております。
その豊富な商材を、経験豊富なスタッフが様々な業種や営業形態の
お客様に合ったコーディネートでご提案させていただきます。

オスターは業界の動向を日々注視し、最新の優良な商材を求め、見極め、
お客様の期待に応えるべく誠意ある誠実な行動をお約束し、
安全・安心な決済サービスの提供に尽力してまいります。

「貴店の総務部とお考えいただき
何でもご相談ください」

「貴店の総務部とお考えいただき何でもご相談ください」

セカンドオピニオンとしてお役に立てればと思います。

理念・価値観

株式会社オスターは、
企業として永続を期するために、
適正な利益を出し、従業員の雇用を確保し、
地域経済引いては日本経済の活性化に
寄与しなければならないと考えています。

株式会社オスター 社是のイメージ

社是

三方よし

「売り手よし・買い手よし・世間よし」

商売とは、売り手、買い手が満足し、
またその商いを通じて
社会に貢献できるものでなければならないという
かっての近江商人の経営哲学です。

代表挨拶

代表取締役 大隣洋一郎

人事を尽くして
天命を待つ

代表取締役大隣洋一郎

平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
ご挨拶に先立ち、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた皆さまに謹んでお見舞い申しあげます。

地域環境の変動、産業構造の変化に伴い、クレジットカード決済の領域は拡大を続け、それとともにスマートフォンやITを活用した様々な決済サービスが台頭しています。
オンラインショッピングの決済、公共料金の支払い等、生活のあらゆるシーンでクレジットカード、電子マネーを使うことは、もはや日常的になっており、日本もキャッシュレスの時代へと、社会と暮らしの在り方が変化を続けています。

駅やコンビニでの公共機関での支払いに電子マネーが使用され、多くのコミュニケーションツールにおいてはQRコードやバーコードを活用した決済サービスも続々と登場しています。
決済の多様化は、今後ますます変化を続けます。
このような環境のもと、社会インフラである決済ネットワークを安定的に運営していくため、情報セキュリティや、あらゆる面からひとり一人にフォーカスしたサービス、安全・安心を提供することが求められています。

株式会社オスターは、誠意ある誠実な行動で社会(加盟店様)の為になる活動に従事し、多様化する決済手段を適正にプロの目で見極め、お客様のニーズに合わせた最善のサービスのご提供をお約束します。
また、培った経験と実績をもとに、社会(加盟店様)との共生を図り、みなさまとのリレーションを深め、価値を提供すべくさらに努力を重ねてまいります。